四日市市立図書館
 
Language:EnglishPortuguês
 

文字サイズ:

  • 大
  • 中
  • 小
 
サイトマップ
 
 
トップページ > ハンディキャップサービス> リーディングサービス(対面読書) 

リーディングサービス(対面読書)

 
来館された皆さんの目の代わりに、職員または図書館協力者が、図書館の資料や皆さんのお手元にある資料などをその場で読み上げるサービスです。
対面読書では、一冊の本を読むだけでなく、複数の本や雑誌、新聞の必要な部分のみを読むこともできます。また、わからないことがあればその場でお調べします。

サービスは、プライバシーに配慮した別室で行いますので、安心してご利用ください。
サービスは予約制ですので、利用を希望される方は、事前にご連絡ください。
ご利用いただける時間は、開館日の午前9時30分から午後5時までです。


点字・録音資料室の事業は、図書館協力者の皆さんに支えられています。

図書館協力者は、図書館に個人登録をして、図書館の指示のもとで、リーディングサービス(対面読書)や点字・録音資料の製作を行う者です。
図書館協力者は、点訳・音訳等の資料変換技術に加えて、検索能力等高度な専門技術を必要とするほか、利用者のプライバシーを尊重する義務を負っています。

図書館では毎年秋に「点訳・音訳基礎講座」を実施し、図書館協力者の確保に努めています。
現在「点訳グループくすの木」と「四日市録音奉仕の会」の2グループ、あわせて60名を超える方が図書館協力者として活躍されています。
詳しくは、「ボランティア団体の紹介」ページをご覧ください。ボランティア団体の紹介
 
図書館カレンダー