四日市市立図書館
 
Language:EnglishPortuguês
 

文字サイズ:

  • 大
  • 中
  • 小
 
サイトマップ
 
 
トップページ > 図書館スタッフおすすめ本 

図書館スタッフおすすめ本

 

2018/04/01

あったかい縁側で読みたい本です

| by 図書館

 『図書館の神様』 瀬尾まいこ/著 マガジンハウス (市立・書庫 913.6/セオ/04)

 この本はとっても読みやすいので、高校生でも楽しめます。主人公は2人です。高校の先生のキヨと、生徒の垣内君。あわよくば文芸部顧問をサボりたいキヨと、文学を愛する真面目すぎる垣内君の正反対な2人の会話は読んでいてクスリと笑ってしまい、思わず突っ込みたくなってしまいます。

 キヨは過去のあることがきっかけで大きな挫折を味わい、そのまま成長し、なりたくもない先生をしています。おまけにドロドロな不倫をしています。でもそれで幸せなのだと思い込んでいます。
 しかし垣内君とかかわっていくうちに、次第に考え方が変わっていき…。どん底から、少しずつ浄化され、キヨが立ち直っていく様子は、読んでいて本当にエールを送ってしまいましたし、垣内君の眩しすぎるくらいの純粋な言葉ひとつひとつにドキドキしてしまいました。

 「僕は毎日文学している。クラブ以外でも。いつでも何かに触れて何かを感じてる。」
 大人になって鈍感になってしまっていた私にとっては衝撃でした。私は毎日仕事でたくさんの本に囲まれているのに、読まなければいけない本だけしか目を通していない時期がありました。そんな中この本は、~文学が好きだから図書館で働いている~という原点を思い出させてくれました。

 この本の結末は涙が出るほど爽やかです。
 ちょうどこれから春になる、新しい芽が出てすべてはこれからだ、という今の時期にぴったりの本です。


10:15