四日市市立図書館
 
Language:EnglishPortuguês
 

文字サイズ:

  • 大
  • 中
  • 小
 
サイトマップ
 
 
トップページ > 資料を探す> 日本十進分類法について 

日本十進分類法について

 
図書館では、たくさんある資料を分類し、書架に並べるために、いろいろな分類法が使われています。日本でよく使われている『日本十進分類法』は、日本の多くの図書館で使えるよう、日本で出版された資料に合わせてつくられた分類法です。
『日本十進分類法』は1929年、「間宮商店」という図書館用品出店の店員だった森清によって作られました。その後改訂が繰り返され、現在は10版まで刊行されています。
※四日市市立図書館では、『日本十進分類法 新訂8版』を使っています。

日本十進分類法(NDC)では、まず知識全体を9つのグループに分け、1から9までの分類記号をつけます。そしてこの9つのグループのどこにも入らないものを「0」に入れています(⇒第1次区分)。次に各グループをまた9つに分け、1から9の分類記号をつけ、そのうちのどこにも入らないものを「0」に入れます(⇒第2次区分)。
例えば、「9」の文学は、「日本文学」や「中国文学」「英米文学」などの分野に分けられ、1から9の分類記号がつけられます。「日本文学」は「910」ですが、この第2次区分をさらに9つに分けたものが第3次区分で、「詩歌」は「911」、「小説」は「913」、「作品集」は「918」というふうに、それぞれの分野に分類記号がつけられます。その分野の中にさらにいろいろな主題がある場合、このような分類を繰り返していきます。
分類記号は基本的に3つの記号で表されますが、分類記号が長くなると、見やすくするために記号の3桁目と4桁目の間にピリオドをつけます。例えば、「911」の「詩歌」は、「和歌.短歌」「連歌」「万葉集」などいろいろな種類があるので、「和歌.短歌」は「911.1」、「連歌」は「911.2」、「万葉集」は「911.3」というふうに分けられます。読み方は「911.1」は「キュウ・イチ・イチ・テン・イチ」と読みます。
 

日本十進分類法 (第8版)

第1次区分(類目表)

分類記号主題
0総記
1哲学
2歴史
3社会科学
4自然科学
5技術
6産業
7芸術
8言語
9文学

第2次区分(綱目表)

分類記号主題
000総記
010図書館
020図書.書誌学
030百科事典
040一般論文・講演集
050逐次刊行物.年鑑
060学会.団体.研究調査機関
070ジャーナリズム.新聞
080叢書.全集
090

分類記号主題
100哲学
110哲学各論
120東洋思想
130西洋哲学
140心理学
150倫理学
160宗教
170神道
180仏教
190キリスト教

分類記号主題
200歴史
210日本史
220アジア史.東洋史
230ヨーロッパ史.西洋史
240アフリカ史
250北アメリカ史
260南アメリカ史
270オセアニア史
280伝記
290地理.地誌.紀行

分類記号主題
300社会科学
310政治
320法律
330経済
340財政
350統計
360社会
370教育
380風俗習慣.民俗学
390国防.軍事

分類記号主題
400自然科学
410数学
420物理学
430化学
440天文学.宇宙科学
450地球科学.地学.地質学
460生物科学.一般生物学
470植物学
480動物学
490医学.薬学

分類記号主題
500技術.工学.工業
510建設工学.土木工学
520建築学
530機械工学.原子力工学
540電気工学.電子工学
550海洋工学.船舶工学.兵器
560金属工学.鉱山工学
570化学工業
580製造工業
590家政学.生活科学

分類記号主題
600産業
610農業
620園芸.造園
630蚕糸業
640畜産業.獣医学
650林業
660水産業
670商業
680運輸.交通
690通信事業

分類記号主題
700芸術
710彫刻
720絵画.書道
730版画
740写真.印刷
750工芸
760音楽.舞踏
770演劇.映画
780スポーツ.体育
790諸芸.娯楽

分類記号主題
800言語
810日本語
820中国語.その他の東洋の諸言語
830英語
840ドイツ語
850フランス語
860スペイン語
870イタリア語
880ロシア語
890その他の諸言語

分類記号主題
900文学
910日本文学
920中国文学.東洋文学
930英米文学
940ドイツ文学
950フランス文学
960スペイン文学
970イタリア文学
980ロシア文学
990その他の諸文学

参考資料

『図書館のしごと』読書工房
『日本十進分類法 新訂8版』日本図書館協会
 
図書館カレンダー