四日市市立図書館
 
Language:EnglishPortuguês
 

文字サイズ:

  • 大
  • 中
  • 小
 
サイトマップ
 
 
トップページ > こどもの本のしょうかい 

こどもの本のしょうかい

 
じどうしょのしょうかい
12345
2021/09/16

【休校中のみんなへ】読書=想像力

| by 図書館

 
 いま、学校の友達と遊べない、楽しみにしていた行事がなくなった、
なぜ自分たちだけこんな目にあうのか、など、さびしさ、不安、不満に
思っている人も多いことと思います。
ここは気分を切りかえて、休校中の間にいろんな本と出会ってみませんか?


 私は、小さいころ、家族がいそがしかったので、読みきかせをしてもらった
おぼえがあまりありません。でも、本を読むのが好きだったので、『ぐるんぱのようちえん』や
『三びきのやぎのがらがらどん』などの絵本を、一人でよく読んでいました。
小学校に入ってからも、多くの時間を図書室の中ですごしました。


 ある時から、特に、戦争や平和について書いてある本に興味がわくようになりました。
きっかけの一つが、小学校3年生の教科書にのっていた『ちいちゃんのかげおくり』です。
「戦争」「死」に初めてふれた作品で、心にとても残っています。


 それからは、『はだしのゲン』や『白い町ヒロシマ』など、戦争中の日本の子どもたちの
様子が書かれている作品のほか、『テレジンの小さな画家たち』などの、第二次世界大戦中の
他の国の子どもたちを書いた作品なども読むようになりました。


 大人になって読んだ本の中では、日本・中国・韓国の絵本作家たちが、国を超え、
交流を重ねながら、平和と戦争について、命について、さまざまな視点からえがいた
「日・中・韓 平和絵本」シリーズが心に残っています。
 おたがいの悪いことばかりを見て争うのではなく、みんなが手を取り合って仲良くして
いくためにはどうしたらいいのか。絵本を通して考えてみてほしいと思います。


9/3の新聞記事に、池上彰さんのこんな言葉が載っていました。「一番大切なのは、想像力」。

本を読むことは、想像力を育てます。本を通して、国や世代に関係なく、おおぜいの人たちが、
悲しみやつらさ、さびしさを乗りこえて生きてきたことを、知り、感じてもらえたらうれしいです。
そして、図書館が再開したとき、すてきな笑顔のみなさんと出会えることを楽しみにしています。(か)
 
『ぐるんぱのようちえん』 西内ミナミ/文 堀内誠一/絵(Pホとも) 福音館書店
『三びきのやぎのがらがらどん』 マーシャ・ブラウン/文・絵(Pフ)福音館書店
『ちいちゃんのかげおくり』 あまんきみこ/文 上野紀子/絵(Pウ)あかね書房
『はだしのゲン』 中沢啓治/作(726まんが)汐文社 全10巻
『白い町ヒロシマ』 木村靖子/作(Fキ) 金の星社
『テレジンの小さな画家たち』 野村路子/著(916) 偕成社
『日・中・韓平和絵本』シリーズ 童心社 全10巻


13:45
2021/09/11

【休校中のみんなへ】図書館で出会った本たち

| by 図書館

 図書館でお仕事をしているけれど、実はわたし、子どものころにあまり本を読んでいません。
 そのかわり、図書館ではじめて出会った本がたくさんあります。
 その中で、わたしが好きな本を少し紹介しますね。

 
 まずは絵本をいくつか。
 もっと秋らしくなったら読みたい『わたしのクマさんに』。
 灯台に住み、その光を守り続けるお仕事をしている『灯台守のバーディ』。
 いじめられっ子が自分だけの国を作り、どんどん広がっていく夏休みのおはなし『ウェズレーの国』。
 むかしのアメリカで、西から東まで長い旅をする『走れ!!機関車』。
 どれもちょっと長めの絵本です。じっくりと絵を見て、物語を楽しんでほしいなと思います。


 そして、タイトルは知っているけど読んだことのない、長い物語にもチャレンジするようになりました。
 読むまで知らなかったことがたくさん!
 例えば…『オズの魔法使い』に出てくる小人の名前を知っていますか?
 『ハイジ』が病気になってしまったのはなぜ?
 『赤毛のアン』には続きがあります。シリーズは全部で何冊?
 『はてしない物語』で主人公が読んでいる本はどこにある?
 読んだ人はわかるはず。どれも300ページ以上の長い物語です。
 読み終わるとやりきった感もあるし、ひとつ大人になった気持ちになれますよ。

 
 まだまだわたしには、知らない本、読んだことのない本がたくさんあります。
 図書館には古い本も、新しい本もたくさんあるので、
気になる本はどんどん手にとってみたいです。
 無料で読めるのが、図書館のいいところでもありますからね。
 これからの出会いが楽しみです。
 みんなも大好きな一冊に出会えますように。(い)



『わたしのクマさんに』 デニス・ハシュレイ/文 ジム・ラマルシェ/絵(Pラ) BL出版
『灯台守のバーディ』 デボラ・ホプキンソン/作  キンバリー・バルケン・ルート/絵(Pル)  BL出版
『ウェズレーの国』 ポール・フライシュマン/作  ケビン・ホークス/絵(児庫Pホ)  あすなろ書房
『走れ!!機関車』 ブライアン・フロッカ/作(Pフ) 偕成社 


『オズの魔法使い』 L・F・バウム/作(933ハウ全集名作) 福音館書店
『ハイジ』 J・シュピーリ/作(943スヒ全集名作)  福音館書店
『完訳 赤毛のアン』 L・M・モンゴメリー/作(933モ全集名作)   講談社
   ※全集名作コーナーに、いろいろな訳・出版社のものがあります。

『はてしない物語』 ミヒャエル・エンデ/作(943)  岩波書店


12:17
2021/09/08

【休校中のみんなへ】ファンタジーはおもしろい!

| by 図書館
 わたしが小学5年生の時、小学校の図書室で『ローワンと魔法の地図』という本に出会い、
「本っておもしろいんだ!」と感動したことをおぼえています。
(それまで本はほとんど読んだことがありませんでした。)

 それからたくさん図書室で本をかりて、とくに「冒険(ぼうけん)・魔女(まじょ)・妖精(ようせい)・魔法(まほう)」
といったファンタジーがすきでした。
 お気に入りは『七人の魔法使い』『魔女の宅急便』『七つの封印』などで、
外国の物語をよく読んでいました。実は、それは大人になった今もかわりません。
(わたしが「読みたい!」と思うオシャレな表紙や、かっこいいタイトルが多いのかも…?)

  「司書(ししょ)」という言葉を知ったのは、近くの図書館によく通っていた中学生の時です。
(「司書」とは、図書館ではたらくための資格をもった人のことです。)
 そのころから図書館ではたらくことにあこがれて、ラッキーなことに今はこうして司書としてはたらいています。

 図書館に来て一年もしないうちに児童室担当(じどうしつの仕事をする人)となりましたが、
それまで自分のすきな本だけ読んでいたので、むずかしそうな物語や、長いあいだ
愛されてきた物語についてぜんぜん知りませんでした。
 それでも約三年間、毎日たのしく本とふれ合ううちに、本についてたくさんのことをおぼえました。

 『魔法のカクテル』というゆうめいなお話を大人になってから読んで、思ったことがあります。
 それは、『はてしない物語』(とてもぶあつい本!)を小学6年生のわたしはとちゅうで
あきらめたけど、大人になって成長した今のわたしなら投げ出さずに読めるかも、ということです。

 だから、みんなもすきな時にすきな本を読めばいいし、その時読みたい本を
手にとればいいとわたしは思います。児童書は大人が読んでもとてもおもしろいので、
今はむずかしくて読めないと思っても、大人になってからぜひちょうせんしてほしいです。
 
 ちなみに『魔法のカクテル』は、わたしがすきな魔法も魔女もねこも出てくるので自分で買いました。
マウリツィオというまぬけなねこが出てきます。気が向いたら読んでみてください!(し)
 

おすすめのファンタジー
『ローワンと魔法の地図』  エミリー・ロッダ/作(933ロッ) あすなろ書房
『フェアリー・レルム』  エミリー・ロッダ/作(933ロ) 童心社                                   
『七つの封印』  カイ・マイヤー/作(943) ポプラ社
『魔女の宅急便』  角野栄子/作(Fカ) 福音館書店
『七人の魔法使い』  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(933ショ) 徳間書店
『ルナ・チャイルド』  ムーニー・ウィッチャー/作(973) 岩崎書店
『魔法のカクテル』  ミヒャエル・エンデ/作(943エン) 岩波書店
『はてしない物語』  ミヒャエル・エンデ/作(943エン) 岩波書店
『エルシーと魔法の一週間』  ケイ・ウマンスキー/作(933ウマ) 評論社
16:12
2021/09/05

【休校中のみんなへ】いつだって本は友だち

| by 図書館

 子どものころは、家族と学校、同じような年の友だちだけの、
とてもこじんまりとした生活でした。
毎日友だちと、笑ったりけんかをしたり。伝えたいことがあれば、
走って会いに行くという、とてもリアルな毎日でした。

 幼稚園だったか小学校だったか、出会ったのが「小公女」の絵本。
見たこともない家具、きれいなドレス、おいしそうな食事。
こんな世界があるのかとおどろき、今でもその色がうかびます。
話の中に出てくるインドなんて、テレビで見たカレーライスの
コマーシャルに出てくる国ということしか知りませんでした。

 小学生になり、月2冊ずつ買ってもらった「少年少女世界文学全集」で
特に好きだったのは、森のおたずね者「ロビンフッドの冒険」や、
ありえない世界にまよいこむ「不思議の国のアリス」などのイギリスの話や
アメリカの四姉妹「若草物語」。
「赤毛のアン」や「トムソーヤの冒険」では、孤児院(こじいん)や奴隷制度(どれいせいど)
など、楽しいだけでなく悲しいことがあることも知りました。
学校でくりかえし読んだ「やかまし村の子どもたち」など、
想像もつかなかったスウェーデンの生活。
本はいつも家で待ってくれている大切な友だちでした。

  知らない国々、さまざまな世界があることを教えてくれた数々の本、
その本を教えてくれた人たち、ありがとう。
次は私が楽しさを伝える番、というのがこの仕事を選んだきっかけでしょうか。

 きのう、子どものときに読んだ『小公女』の絵本らしいものを見つけました。
おぼえていたままの絵で、とてもうれしくなりました。
 
 「名作」といわれ読みつがれてきた物語は、きっと古今東西(ここんとうざい)の
いろいろな世界につれていってくれます。
また、外国のお話は、小さな人でもかんたんに読めるものや、
きちんと翻訳(ほんやく)されたものなど、いろいろあります。

 おもしろいものは、あふれています。
あなたが読んでいる本からも、いろいろな世界が広がりますように。(の)



『小公女』バーネット/原作 横山美智子/文 高畠華宵/絵
                ※図書館にはありません
『小公女』バーネット/作 (933ハ全集名作)
『ロビンフッドのゆかいな冒険』ハワード・パイル/作 (933ハ全集名作)
『ふしぎの国のアリス』ルイス・キャロル/作 (933キャ全集名作)
『赤毛のアン』L.Mモンゴメリ/作 (933モ全集名作)
『トムソーヤの冒険』マーク・トウェイン/作 (933ト全集名作)
                ※児童室の全集名作コーナーでみてください
『やかまし村の子どもたち』リンドグレーン/作 (949) 岩波書店


10:45
2021/09/04

【休校中のみんなへ】 お気に入りの本はどんな本?

| by 図書館

 続きの本が読みたかったのに…。
 新しく読む本を探そうとしていたのに…。

 急に図書館が休館になり、残念に思っている人も多いと思います。こんなときは、
おうちにある本をもう一度読み直してみるのはいががでしょう?

 私は小学生のころ、気に入った本を何度も繰り返し読んで楽しんでいました。なかでも
『大どろぼうホッツェンプロッツ』は大のお気に入りでした。

 世にも恐ろしい大どろぼうと、大どろぼうをつかまえようとふんとうするゼッペルと
カスパールの勇気ある二人の男の子、そしてちょっと間の抜けたおまわりさんとの
やりとりがとにかく面白く、毎回笑いながら、とても楽しい気持ちになって読んで
いたのを覚えています。

 魔法使いに命じられ、そんなに!という量のじゃがいもの皮をひたすらむかなけれ
ならないシーンでは、この本はドイツのお話だからなのかな?など、自分のふだんの
生活とのちがいにも、面白さを感じたのを覚えています。(どんな量かは、読んで
みてくださいね。)

 今でも図書館でよく借りられていて、ああ、読んでくれている子どもたちがいる、と、
とてもうれしく思っています。

 他にも、『ふらいぱんじいさん』や『もりのへなそうる』、高学年に、なってから
『大草原の小さな家』シリーズなど、振り返ると、楽しい本との思い出が次々と出てきます。
そんな楽しい読書体験が、今のこの仕事につながっているのかもしれませんね。

 さて、私の話はさておき、みなさんも小さかったころによく読んだ本だったり、お気に
入りの本があれば、あらためて読んでみてください。楽しい気持ちを思い出したり、
もしかしたら前と違った感想を持つかもしれませんし、これまで気付かなかった新しい
発見があるかもしれませんよ。

 図書館が開館したら、また、本との出会いを求めて図書館に来てくれるのを楽しみに
待っています。(ま)


『大どろぼうホッツェンプロッツ』プロイスラー/作(943フロ19)  偕成社
『ふらいぱんじいさん』神沢利子(Fカ) あかね書房
『もりのへなそうる』わたなべしげお(Fワ) 福音館書店
『大きな森の小さな家』ローラ・インガルス・ワイルダー/作(933ワイ) 福音館書店


13:40
12345
もくじへもどる