四日市市立図書館
 
Language:EnglishPortuguês
 

文字サイズ:

  • 大
  • 中
  • 小
 
サイトマップ
 
 
トップページ > 図書館スタッフおすすめ本 

図書館スタッフおすすめ本

 

2022/04/01

なんなん、「現代川柳」?

| by 図書館

『はじめまして現代川柳』 小池正博/編著 書肆侃侃房 (市立・成人 911.46//20)


 ????川柳といえば?
 「サラリーマン川柳?」「シルバー川柳でしょ」「お~いお茶に載ってるやつ!」
 ……ですよね。でも川柳、ほんとはそれだけじゃないんです。
 百聞は一見に如かず。いくつかご覧いただきましょう↓


  妖精は酢豚に似ている絶対似ている/石田柊馬


  「「「「「「「「蚊」」」」」」」」 /川合大祐


  切れとはぷっつんぞなもし/渡辺隆夫


  たぶん彼女はスパイだけれどプードル/兵頭全郎


  ☆定礎なんかしないよ ☆繰り返し/暮田真名

  
 ……なんじゃこりゃ、と思われましたか。思われたあなた、正解です。ようこそ、自由でむちゃくちゃで、ぶっ飛んだ世界へ。
 あるあるを去り、私性に走り、それをも突き放した末にできちゃったことばの世界。これらの川柳はまとめて「現代川柳」と呼ばれています。『はじめまして現代川柳』は、その代表作家35名の作品を、76句ずつも収録した特盛アンソロジー。現代川柳を浴びるように楽しめること請け合いです。
 もしご興味がわいたら、他にも以下のようなアンソロジーがあります。

 
 『金曜日の川柳』 樋口 由紀子/編著 左右社 (市立・成人 911.46//21)
 『近・現代川柳アンソロジー』 桑原 道夫/編 新葉館出版 (市立・成人 911.46//22)


 さらに個人句集では、

 『リバー・ワールド』 川合大祐/著 書肆侃侃房 (市立・成人 911.46//21)
 『そら耳のつづきを』 湊 圭伍/著 書肆侃侃房 (市立・成人 911.46//21)
 『成長痛の月』 飯島 章友/著 素粒社 (市立・成人 911.46//21)

なども。ついでに言うと地域資料室には、現代川柳の同人誌『川柳どうぶつえん』(禁帯出)があります。
 現代川柳、いま、まさにいちばんおもしろいことばの大波です。ぜひ触れてみてはいかがでしょうか?


 はじめにピザのサイズがあった/小池正博


06:00